FC2ブログ
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
名古屋=札幌路線が4500円
2017/11/30(Thu)
新生エアアジア・ジャパンが10月29日に開業した。名古屋(中部国際空港)=札幌(新千歳空港)間を1日2往復する。これにより、閉塞した日本の国内線航空市場の活性化が始まるかもしれない。主要2社が高運賃を維持する寡占市場に、世界でも有数の独立系低コスト航空会社が参入してくるのである。

 エアアジアグループはマレーシアを本拠地とするアジア第1のLCC(格安航空会社)グループである。記憶に新しいが、エアアジアグループは2011年に全日本空輸(ANA)と共に日本におけるLCCの先駆けとなったエアアジア・ジャパンを設立し、12年8月に成田=福岡線をはじめとする国内線で営業を開始した。しかし、13年に開業1年足らずで全日空との提携を解消したことにより、一旦はエアアジアの名前が日本の国内線から消えた。

 エアアジアグループのトニー・フェルナンデスCEOはその後、ただちに日本への再進出を表明し、航空法で求められる国内線経営に必要な3分の2を担う日本人資本を楽天その他の投資家に仰ぎ、新生エアアジア・ジャパンを設立した。路線開設の準備は困難を極めたようで、4年の歳月を費やし、ようやく開業に漕ぎ着けた。


http://biz-journal.jp/2017/11/post_21530.html
154679879.png


LCCのエアアジアって安いですね。
エアアジアの4500円に対してJALは普通運賃が43210円ですから10倍近いです。
まあ、さすがにエアアジア便の近傍の運航時間帯の便に、
特別割引運賃として13610円を設定するようですが、それでも3倍近い価格差です。
LCCの場合、国際線だと深夜便が多いし、
座席が窮屈で乗り場がターミナルの端っこにあって不便とかいろいろとあって仕方ないですが、
これだけの価格差があると十分な競争力がありますね。
飛行機は節約して、その分ホテルをアップグレードとか旅の選択肢が広がるからいいことです。
国内線だとせいぜい2時間のフライトだから、女性や細身の男性だとあの窮屈なシートでも大丈夫だろう。
てか、私は乗ったことないけどw
エアアジアでもXのつく長距離便にはフルフラットシートもあるようですが、
お得にビジネスクラス体験ができるからと大人気のようです。
ネタとして私も一度は乗ってみたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
11/29の結果
2017/11/30(Thu)
FX

-50pips

●FX今月合計  +213pips

バイナリーオプション

0勝

●バイナリーオプション今月合計  勝ち越し数 22
*1回(1勝)あたり10000円の掛け金の場合 +8800円  
50000円の場合 +44000円   100000円の場合 +88000円の利益です。


日経225先物

お休み



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
11/29の結果
2017/11/30(Thu)
11/29の結果

◎ライトプラン

-57pips

合計 -131pips

◎ワンデーBO

1勝2敗

合計 9勝5敗  (10万円掛けの場合  31万円の利益です)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
0歳から娘の顔を撮り続けて18年
2017/11/29(Wed)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
11/28の結果
2017/11/29(Wed)
FX

-220pips

●FX今月合計  +263pips

バイナリーオプション

5勝

●バイナリーオプション今月合計  勝ち越し数 22
*1回(1勝)あたり10000円の掛け金の場合 +8800円  
50000円の場合 +44000円   100000円の場合 +88000円の利益です。


日経225先物

お休み



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
11/28の配信結果
2017/11/29(Wed)
11/28の結果

◎ライトプラン

-190pips

合計 -74pips

◎ワンデーBO

2勝1敗

合計 8勝3敗  (10万円掛けの場合  42万円の利益です)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
相場の世界ならボケるか死ぬまで一生現役
2017/11/28(Tue)
日本はこれからどんどん「格差社会」になっていきます。しかしこれは、一部のひとがいうような「グローバル資本主義の陰謀」というわけではありません。

いちばんの原因は高齢化です。大学生の頃は貯金などないのが当たり前でも、その後の人生の有為転変のなかで、ゆたかな暮らしを手に入れるひとと零落するひとに分かれていきます。「陰謀」などなくても、社会が高齢化すれば自然に格差は開いていきます。

それに加えて「人生100年」の時代では、ずっと働きつづけるひとと、60歳(あるいは65歳)で定年という“強制解雇”を迎えるひとのあいだで大きな格差が生じます。年収200万円でも60歳から80歳まで20年間働けば4000万円になり、「(100歳までの)老後」は40年から20年に縮まるのですから、「生涯現役」の経済効果はとてつもなく大きいのです。


https://www.tachibana-akira.com/

欧米諸国は先行して「共働き」と「生涯現役」が当たり前になっていますが、
世界一の長寿国である日本では、今後ますます「共働き」と「生涯現役」が大きな鍵を握ってきますね。
サラリーマンのほとんどが60歳で強制解雇になりますが、そこから20~30年は生きますから、
60歳過ぎてもオカネを生み出すチャンネルがあるかどうかですさまじい格差が出てきます。
経済学では労働市場から収益を得る力を「人的資本」と呼び、「金融資本」と並ぶ富の源泉としていますが、
よほどの高度な専門性がなりかぎり、60歳過ぎてからでも安定的に稼ぐのは難しいです。
そうなると乏しい年金と貯金を切り崩しながら、老後破産に怯えるような晩年になってしまう。
FXでも株でもいいですが、フツーの人ほど投資を学んで、年をとっても稼げるように今から準備すべきだと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif



この記事のURL | 未分類 | ▲ top
11/27の結果
2017/11/28(Tue)
FX

+75pips

●FX今月合計  +483pips

バイナリーオプション

4勝

●バイナリーオプション今月合計  勝ち越し数 17
*1回(1勝)あたり10000円の掛け金の場合 +8800円  
50000円の場合 +44000円   100000円の場合 +88000円の利益です。


日経225先物

お休み



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif


この記事のURL | 未分類 | ▲ top
27日のデイトレ配信結果
2017/11/28(Tue)
11/27の結果

◎ライトプラン

+23pips

合計 +116pips

◎ワンデーBO

2勝

合計 6勝2敗  (10万円掛けの場合  34万円の利益です)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif


この記事のURL | 未分類 | ▲ top
やがてアメリカで共産革命が起こる
2017/11/27(Mon)
グーグルの本社がある、郊外の豊かな町、マウンテンビュー。
その同じ町で、テス・サルダナは、混みあって窮屈なキャンプカーを道に止め、小ぎれいにして暮らしている。

「お世辞にもいい住まいとは言えないわ」とサルダナは言う。だが、これは特段珍しい話ではない。
警察に移動を命じられるまで、マウンテンビューのスーパー「ターゲット」と高級マンションの間の並木通りには、1ダースを超えるキャンプカーが並んでいた。
中には、家賃を払えない人たちが大勢生活していたのである。

 15ドルのアボカドの炭火焼を食べて、1,000ドルのiPhone Xをポンと買える若い資産家がいる一方で、家に住めない家庭は数千世帯にのぼる。
ホームレス支援団体や市の職員も、ハイテクブームの影で起こっているこの現象に対して、まったくひどい話だと口をそろえる。
ホームレスの多くには定職があり、こうした資産家の下で働く人もいる。その資産こそが、多くの人が家に住めなくなっている元凶なのだ。

 例えば、サルダナのキャンプカーの向かいには2ベッドルームのマンションがある。
コンシェルジュ付きで、家賃は3,840ドルから。稼ぎがいい月でも、サルダナの給料を上回ってしまう。

 サルダナは、同居する三人の大きな息子とともに、よりマシな住まいを探しているが、家賃は3000ドル以上するし、空いている家はたいてい遠い。
だから、取り締まりで駐車場所から追い出されても、勤め先近くのキャンプカーに寝泊まりして、明るい未来のために貯金したほうがよいと言うのだ。

「それでも食べていかないと」と51歳のサルダナは言う。「たまには子供たちを、映画やレストランに連れて行きたいんだけどね」。

 サルダナは、近隣の町パロ・アルトの2つのホテルで料理を作り、客に出している。
大抵は、朝5時から夜10時までの勤務だ。息子のうち二人は20代で、パン屋で働き、キャンプカーの代金として毎月700ドルを支払う。
シリコンバレーの経済格差をいやというほど思い知らされる生活だ。

「ITのやつらのために働く私たちはどうよ」とサルダナは言った。「あいつらとはもらってる額が違う」。
シリコンバレーの影:
家賃高騰、仕事のあるホームレスが急増 月11万の車上生活も
https://newsphere.jp/technology/20171123-1/
146547979.jpg

空前絶後の格差社会アメリカが煮詰まってきましたね。
朝の5時から夜の10時まで二つのホテル料理を作ってんのに家賃すら払えないとか、異常ですよ。
シリコンバレーは見事にIT企業しかなくて、平均家賃は35万円ほどですから、
よほどの高給取りでもないかぎり、ルームシェアでもしないと住めませんね。
低賃金の飲食業やサービス業に従事してる方だととてもシェアでも住めないレベル。
いや、ほんと狂ってるよアメリカは。
所得の再分配がまったく機能してないからで、まさに資本主義の末期症状です。
では、どれくらい富の集中が進んでいるのかといえば、
全米の階層別平均実質所得を見ると、上位0.01%の平均は2900万ドル。
日本円にして29億円を大きく超えます。1980年代以降、上位0.1%の所得は増え続けているのに、
それ以下の所得はほとんど増えていません。
アメリカでは一時、「我々は99%」という政治スローガンが叫ばれました。
富の大部分は1%の金持ちが独占しているという格差を告発するものでした。
ところが、いまや富を独占するのは0.1%ないし0.01%に集中する事態になっています。
もうね、間違いなく革命が起きますよ。予言しときます。
超長期的には資本主義は終焉を向かえ、地球規模の超管理型社会になるだろう。
AIの劇的進歩と仮想通貨の台頭で、役者は揃いました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif



この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン | 次ページ