FC2ブログ
2020 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 10
ボーナスステージ終了w
2014/03/08(Sat)
向精神薬の大量処方を制限へ、診療報酬を認めず

t02200293_0240032012137550809.jpg


厚生労働省は新年度から、抗不安薬や睡眠薬などの向精神薬を数多く処方した場合、診療報酬を原則認めない仕組みを導入することを決めた。

 薬物依存や重篤な副作用を防ぐ狙いがある。

 新ルールでは、外来診療で服薬管理などをする際、抗不安薬か睡眠薬を3種類以上、または、統合失調症の治療に使われる抗精神病薬か、抗うつ薬を4種類以上、1回で処方した場合、診療報酬を請求できなくし、処方箋料も減額する。

 また、入院患者に、副作用が少ないとされるタイプの抗精神病薬を処方する場合も、2種類までしか加算できないように改める。

 抗不安薬や睡眠薬としてよく使われるベンゾジアゼピン系の薬剤は、使用し続けると薬物依存になる危険性がある。


読売新聞 3月7日(金)17時35分配信

厚生労働省もたまにはいい仕事しますねw

これで、銭ゲバの不良医師と薬を売りさばいていた生活保護の不正受給者が食えなくなります。

そもそも精神病の判断基準があいまいで、病気の診断も、患者が感じている主観に基づいて判断するしかないため、

うつ病に該当するような症状を患者が話せば、医者はそのように判断するしかありません。

で、医者が「薬飲んでみますか?」と質問してYESと答えてしまえば、投薬開始です。

銭ゲバ医師にとってはボーナスステージの幕が上がります。

精神薬は一度飲み始めると、薬が切れた時の副作用が強いため、なかなかやめられなくなります。

加えて、これが効かないならあれもこれも・・・となって、常に何種類も服用してしまう。

精神科で出す向精神薬ってのは、中枢神経に作用する、いわば麻薬と同じです。

まぁ本当に精神の病気になっている人にとっては必要な薬なのですが、

病気の診断には患者の主観が大きなウェイトを占めているので、

本当にその病気にかかっているかは確かめようがありません。

なので健康な、ちょっと気分が落ち込んでるだけの人に対しても薬を出してしまう危険性があります。

さらに、精神科医のお墨付き(診断書)がもらえれば、ナマポの申請も通りやすくなりますから、

最初からナマポ目的のワルが自らすすんで「鬱」になるんですね。

ここに銭ゲバ医師とワルの間で“阿吽の呼吸”がある。

つまり、患者を増やして、薬を出しまくって、金儲けしたい医師と

精神病の診断書がほしいワルの間に利害の一致があるのですね。

さらに悪いやつは、医師から無料で“仕入れ”した向精神薬を売りさばいて金儲けしています。

ナマポだと薬が無料ですからね。売ればかなり儲かります。

医師もそれを知っていて薬を出しまくっています。薬出せば出すほど儲かりますからね。

実際、大阪の西成なんかには向精神薬の買取所みたいなとこがあります。

ネットで売ると足がつくからですね。


しかし、まあ、考えてみれば、薬もナマポも全部税金から出ています。

ただでさえ、増税増税増税・・・・で国民生活は年々悪くなってるんですから、

こういったモラルハザードの取り締まりは徹底するべきですね。。。。


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 過去記事 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |