FC2ブログ
2019 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 06
出来高だけはウソをつけない
2019/02/19(Tue)
☆☆☆お知らせ☆☆☆

次回の個別セミナーは2019年3月25日(月)告知です。
「FXセミナー」「COTT」の予定です(^^)




昨日ご案内した「出来高ヒストグラム解析トレード」についていくつかご質問いただいたので、
こちらでも回答しておきます。

Q、ナイトセッションで利用した場合,勝率が落ちるとありますが,勝率や成績はいかがでしょうか?

A、ナイトには超大口の機関投資家、ヘッジファンドが少なくて、中小の高速取引業者と個人投資家がなかよくプロレスしてる市場です。時間帯ごとの出来高が極端に少ないときがあって、つねにまとまった枚数が動く日中に比べて出来高解析が少々やりづらいだけです。勝率がほんの少し下がって、チャンスもほんの少し減るだけです。
ちなみに昨夜は値幅たった90円でしたが、2回チャンスがあってどれもも+50ずつ勝てています。
昨日は日中とナイトで+210円ですから上出来でしょう。

Q,FXにも使えますか?

A、FXの出来高はけっこういいかげんなので使えません。個別株や日経225先物、TOPIX先物などの指数先物専用です。

Q、出来高だけ見るのですか?プライスアクションのようなものも併用しますか?

A,出来高の積み上がり方ともうひとつだけ見ます。
プライスアクションは私も長年研究してきましたが、AIによるアルゴリズム台頭で1分~1時間足で判断するような短期トレードでは通用しなくなってます。
大口プレーヤーにとっては、プライスアクションはダマシの偽装が簡単だからです。
これだけで戦っているトレーダーは今後厳しくなるでしょう。

Q,必要なPCのスペックやチャートを見るための証券会社の指定はありますでしょうか?

A、ごく普通のスペックのPCで十分です。とくに証券会社の指定はないです。
あえていうなら、ガチの場中トレードなので日産証券がいいもしれません。
市場取引なのでどこの証券会社でもいいと思うかもしれません、場中短期デイトレだと昔は証券会社選びでも勝敗が大きく違ってました。
ガチのプロトレーダーが選ぶのは、センチュリー証券やばんせい証券だったね。
売買手数料が安いとこの4倍とかしてたけど、実戦派のプロはここを選ぶ。
なぜか?利食い約定速度が速かったからです。
そんなことを知らない一般投資家は手数料の安いとこ有名なとこで取引して余計に負けておりましたw

Q,今後もずっと使えますか?

A,場中に仕掛ける短期トレードとしては、間違いなく最強です。
大口プレーヤーの取引戦略にタダ乗りする手法なので、メインプレーヤーが変わっても何の影響もないです。

Q,自動売買化はいつですか?

A,日経225先物だけのシステムならそんなに時間がかかりませんが、マネックスが満を持して導入した世界最強の
トレード分析ツール「トレードステーション」との融合を先に見据えております。
とてもつもない可能性を秘めた超高性能システムで、出来高ヒストグラム解析のカスタマイズ導入で絶対負けるわけがない銘柄だけを瞬時に抽出できるようになります。
私が本格的にトレードするようになった時代は米国でしか扱っていなくて、初期導入費用とデータ利用料だけで50万円とかしてましたが、今はタダみたいな費用で使わせてくれんですね。隔世の感です。
で、自動売買ロボットですが、「トレードステーション」のスクリーング機能にドッキングした各証券会社対応WebアプリケーションをDjangoまたはFlaskで作成するイメージですが、多忙なため1年はかかります。
今回受講の方だけにこっそり案内いたします(^^)

7771324654555.jpg

2134654.jpg

「もう遅いわw 売りのジェットコースターに乗せてもらうぜ!」↓
dekidaka3.jpg

・・・とまあ、こんな感じで昨夜のナイトセッションの売り場面を再現しましたw

お問い合わせが多いので、6月のブログ12周年を待つまでもなく今回が最初で最後の案内になりそうです(^^;)

ランキングジャンル移行で順位が下がっております(--;)
ポチっと応援クリックお願いします↓

株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | デイトレードの個別指導・自動売買ロボット作成代行 | ▲ top
| メイン |