FC2ブログ
2019 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 11
本気の増税反対は山本太郎だけ
2019/05/22(Wed)
「私の恋人は身を粉にして働いています。真面目で勤勉で優しい人たちがどうしてお金のことで苦しまなければならないんだろうって本当に思います」…20代女性の悲痛な叫びが増税派の本丸に突き刺さった。

 消費税廃止を訴えて全国を行脚する山本太郎議員が今夜、財務 省前で市民参加型の街頭演説会を開いた。

 ザ・キング・オブ省庁前での抗議行動とあって、警察は演説会が始まる前からピリピリとした。

 財務 省関係者の出入りの妨げになるからとの理由で街宣車をバックさせたりした。予算を握られているからだろうか。警察が財務 省に忖度した格好だった。

 演説希望者が引きも切らないなか一人3分でスピーチした。

 埼玉で喫茶店を経営する女性は、絶叫するように話した―

 「仕事柄、商店街やレストランの人の話を聞くことが多い。皆本当にこれ以上消費税が上がったらやっていけないと言う。回りはシャッター街。消費税増税、本当に止めてほしい。自分たちの地元に太郎さんみたいな人を政治に送り込んでいく時代が来ていると思う」。

 主夫の男性(首都圏)は庶民感覚のない野党の尻を叩くように語った―

 「8%の凍結もだめなんです。少なくとも5%に下げて。野党に言いたい。四の五の言わずに次の選挙の争点は憲法改正じゃない、最低でも5%、5%対8%の闘いにしないと勝てないんです。5%にすることで結集して」。

 約20人が入れ替わり立ち替わり財務 省に向かって消費税の廃止あるいは減税を訴えた。

 山本太郎事務所が全国会議員に参加を呼び掛けたが、一人の参加者もいなかった。国会議員も財務 省が相手となると及び腰となるようだ。


https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558449590/
8979879.jpg
消費増税を明確に反対してるのは山本太郎だけですね。
先日のGDPプラス発表も単に輸出が激減しただけなので、むしろ国内需給の弱さが露呈しただけ。
これで増税なら誰も経験したことがない超大不況になりますよ。
たった2%上がるだけ・・・こんな風に軽く考えてる人もいますが、
「10%」になれば消費税分の計算が著しく簡単になり、消費税の「心理的負担感」が格段に大きくなることが危惧されるからです。
まず、3%や8%等の場合には、消費税の金額の計算は少々「ヤヤコシイ」ため、
面倒くさいから「消費税分は切り捨ててゼロだ」と見なして買い物をしていた人が少なからず居られたはずです。
そういうケースにおいては当然、消費税が課せられていても、買い控え効果はあまり生じません
ところが10%になればそういうケースはほとんど考えられなくなります。「価格の1割」という計算は、著しく簡単だからです。
そうなれば、計算のヤヤコシサ故に今まで消費税分を十分考えてこなかった消費者達も皆一斉に、
消費税分の計算を始めることになります。
つまり、認知的負荷が激減するので、消費者行動の合理性が跳ね上がるのです。
京都大学が行った実験では、なんと1.4倍もの消費減退効果を確認できたようです。
年々着実に貧乏になってる日本・・・凍結どころか減税すべきです。



ランキングジャンル移行で順位が下がっております(--;)
ポチっと応援クリックお願いします↓

株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



この記事のURL | 2018/5/1 以降の記事(時事ネタとトレード結果) | ▲ top
| メイン |