FC2ブログ
2019 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019 12
本日14時締切です!
2019/10/26(Sat)
~日経225先物で100万円を短期で2000万円に増やす新企画~

お申し込み締め切り 2019年10月26日 14:00


名づけて「225で2000万円マラソン」

参加者募集します!



2000万円マラソンで採用してるトレード手法が「ツーポント225」ですが、

ほどよいトレード頻度とそのシンプルさで大好評いただいております。

小難しいテクニカルチャートをいじくりまわして「労多くして益少なし」のトレードばかりやってきたひとには

まさに"目からウコロ”の経験となるでしょう。


20世紀を代表する天才アインシュタインをして「人類史上最大の発見」「宇宙最強の力」といわしめた

複利運用の力

を使って、爆発的な資産増が机上論ではなく、現実に可能だと証明したいと思います。

具体的には20年複利をわずか数年でやってしまうイメージです。

元金100万円を月利17%で複利運用したなら、20ヶ月で2300万円に到達です。

ここ1ヶ月だけ不調で年初来最高益更新からペースダウンしましたが、それでも年初から月利15%は維持しております。

2465466.jpg


レバ高めのハイリスクハイリターン運用で年初から100万円でスタートしたら10/23時点で
1000000円→3563000円に!

レバ抑え目のミドルリスクミドルリターン運用で100万円でスタートしたら
1000000円→22185000円に!10/23時点で


仮に月利15%のペースが継続するなら、22ヶ月で2164万円に到達します。

日経225先物市場は公正な市場取引なので、ブローカーに嫌がらせされたり、

不当に取引制限されないので本当にこの数字が実現します。

株にせよ先物にせよFXにせよ個人投資家はたくさん存在しますが、

ルール化された複利運用を実行してる人はとても少ないです。

国内構造問題とさらなるグローバル化によって、普通に生きてるだけでは年々生活レベルが落ちる時代にあって、

PC片手に世界のプレーヤーと勝負して、

さらに20世紀を代表する天才アインシュタインをして「人類史上最大の発見」「宇宙最強の力」といわしめた

複利運用の力

を味方につけて、叶えたい夢や明日への希望を描く日々を送りませんか?


◎◎◎日経225先物簡単トレード手法「ツーポイント225」◎◎◎

朝(8:45)、ナイト(16:30)の寄り付き値を確認して注文するだけです。

PCに張り付かないので所要時間1、2分程度です。

ポジションの持ち越しはいっさいしないので、

松井証券やSBI証券、日産証券などで証拠金が半額近くになるサービスが利用できます。

資金が少ないならミニ1枚からスタートでもOK!

大切なのはルール化した複利運用を継続するだけです。

いっしょに2000万円マラソンに参加してみたい方は

「ツーポイント225受講希望」でメールください。

受講料 28万円

①氏名・年齢・職業
②住所・携帯番号
③投資歴

明記のうえメールは  nk225longshort@yahoo.co.jpまで


☆☆☆メール配信サービス利用割引☆☆☆

2年以内に日経225先物、FX,個別株、BOいずれかのメール配信サービス利用された方は1万円割引させていただきます。



テキストのみの通信講座ですが、トレード手法から複利での運用方法など詳しく説明しております。

メールやお電話でのご質問も無期限なのでご安心ください(^^)

週単位、月単位はおろか年単位でも利益を出したことがない人は是非。

バージョンアップと称して毎年成績を書き換えるようなそこらのゴミ商材とはまったく違うとすぐにわかりますから。

お申し込み締め切り 2019年10月26日 14:00



いつまでも人生にワクワクを・・・明日が待ち遠しい人生を!
213465465.jpg

誰も、ただ歳を重ねたから輝きを失うのではありません。
凍りついたあきらめの日々を老いと呼ぶのです。
希望に顔を上げる限り、人はいつも青春を生きています。
       
                         ----サミュエル・ウルマン----



この世でいちばん損をしてるのは、投資や起業で損失を出した人ではなく、

何のチャレンジもせずに人生の可能性を自らの手で摘み取ってる人だと思う。

あきらめずにチャレンジしてるなら、いくつになっても可能性がありますよ。
スポンサーサイト



この記事のURL | 2018/5/1 以降の記事(時事ネタとトレード結果) | ▲ top
| メイン |